ELEPO21 エレクトロポレーター

In Vitro 高エネルギー遺伝子導入装置

高電圧 In Vitro用途:

  • 大腸菌・バクテリア・酵母・菌類へ高効率の遺伝子導入(従来の数倍)
  • 最大3,000Vのパルスをミリ秒単位の長さで複数回連続出力

 

低電圧 In Vitro用途:

  • 培養細胞へ高導入効率・高生存率(初代細胞・株化細胞問わず)
  • 高価な専用試薬・バッファーは不要

 

*付着状態の培養細胞へのIn Vitro遺伝子導入やIn Vivo・In Utero・In Ovo遺伝子導入には対応しておりません。

ELEPO21 エレクトロポレーター

アプリケーション

エレクトロポレーション

バクテリア・酵母・菌類
  • 大腸菌・バクテリア(細菌)

    従来エレクトロポレーション法(エクスポネンシャル方式)の数倍の導入効率

  • 酵母・菌類

    単細胞真核生物への遺伝子導入。出芽酵母・分裂酵母・ピキア酵母・ラビリンチュラ類など

植物細胞・藻類
培養細胞
  • 初代培養細胞

    遺伝子導入が難しいプライマリー細胞:神経細胞、免疫系細胞など

  • iPS細胞・ES細胞・幹細胞

    iPS細胞・ES細胞・間葉系幹細胞・神経幹細胞塊など

  • 株化細胞

    遺伝子導入が難しい血球系細胞・免疫系細胞から、広く利用されるHEK293細胞やCHO細胞など、様々な細胞

製品説明

原理

ELEPO21のパルス波形図(x:時間 y:電圧)

4ステップ式マルチパルス方式と自然減衰方式により、エレクトロポレーションがさらに進化しました!!

細胞へのダメージを軽減して、導入効率が大幅に向上しました。

  1. ポアーリングパルス(高電圧・短時間・複数回・自然減衰方式):細胞膜に、微細孔を開けます。パルスを複数回・減衰で出力する事により、ダメージを軽減。
  2. 極性切替したポアーリングパルスを設定可能です。
  3. トランスファーパルス: (低電圧・長時間・複数回・自然減衰方式):遺伝子や薬剤を複数回に渡り、細胞内に送り込みます。
  4. 極性切替したトランスファーパルスにより、さらに導入効率を向上させます。

高エネルギーなエレクトロポレーションパルスを出力

ELEPO21は、最大3,000Vまでの電圧をミリ秒単位で連続複数回パルス出力(最大50A)することができ、従来の装置では不可能な高エネルギーなエレクトロポレーションパルスを実行することができる装置です。

独自の高エネルギー4ステップ式マルチステップ方式と自然減衰方式により、大腸菌・バクテリア・酵母・菌類などで従来のエレクトロポレーション法の数倍の導入効率を実現できるようになりました。今まで遺伝子導入することが難しかった原核細胞・真核細胞にも導入が可能です。

また、スーパーエレクトロポレーターNEPA21のマルチステップ方式に準じることにより、培養細胞に対しても高生存率・高導入効率を実現することが可能です。高価な専用試薬・バッファーは使用しないので、膨大なランニングコストが掛からず大変経済的です。

ランニングコスト比較

高価な専用試薬を必要とするエレクトロポレーターを使用していませんか?

予算がある時にエレクトロポレーター本体は購入できるけど、日々のランニングコストが高くて困っていると言うご意見を先生方から、よくお聞きします。 そこで、ネッパジーン社ELEPO21と競合他社エレクトロポレーターとエレクトロポレーション1回当りのランニングコスト(税抜)を比較してみました。

ネッパジーン社
ELEPO21
L社(旧A社)
装置:N
T社(旧I社)
装置:N
NEPAキュベット電極セット 50入
定価:14,000円
(謝恩セール価格:12,600円)
24回用キット
定価:79,000円
12回用キット
定価:46,00円
25×2反応用キット
定価:76,400円
エレクトロポレーション1回当り
280円(252円)
エレクトロポレーション1回当り
3,292~3,833円
エレクトロポレーション1回当り
1,528~3,056円

高価な専用試薬・バッファーを使用しないネッパジーン社 ELEPO21が競合他社をランニングコストで圧倒!!

サンプルの電気抵抗値やエレクトロポレーションパルスの電圧・電流・電力量を正確に高精度で測定

エレクトロポレーションの電気パルスにおいて、オームの法則のパラメーターである「電圧」「電流」「抵抗」は実験結果に大きな影響を及ぼします。

安定した遺伝子導入結果を得るには、毎回のエレクトロポレーションにおいて同じ「電圧」「電流」「抵抗」を再現することが重要です。

ELEPO21は正確な抵抗測定・電圧出力・電流測定機能を備えているので、それを利用してこの3つの要素をコントロールすることが可能です。

また、ELEPO21では電気パルスの電力量(Joule)の測定値も確認することができます。

エレクトロポレーションの電気パラメーターの詳細を知ることによって、アプリケーションごとにより最適な電気条件を得ることができるようになりました。

関連製品

ニュース

※ 掲載商品の仕様及び外観は、予告なく変更される場合がありますので、ご了承願います。

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせはこちらから