LTM-1000M

レーザー熱膨張式微量インジェクター

  • レーザー吸収剤の熱膨張を利用し、先端外形範囲0.1~0.5μmφのガラスキャピラリーで酵母や植物細胞に対し、DNA・RNA・タンパク質・抗体等をインジェクションできる装置です。
  • キャピラリー先端径0.1μmφからインジェクションが可能の為、細胞ダメージが非常に少ないです。
  • 連続インジェクションが可能です。

LTM-1000M

製品説明

使用例

  • 微小な細胞(原核および真核)への物質導入
  • 細胞壁や高い膨圧をもつ植物・菌類およびそのオルガネラへの物質導入
  • ミトコンドリア・葉緑体等の独自のゲノムをもつオルガネラへの、DNA・RNA・蛋白質・薬剤等の導入

紹介動画

 

LTM-1000 injection

インジェクションの様子

 

JST(独立行政法人 科学技術振興機構) 平成18年度 独創的シーズ展開事業 ~ 独創モデル化製品 ~

仕様

発振波長 980nm
光出力 1.3W
電流制御 最大2.5A
寸法 170 W x 325 D x 120 H mm
重量 4kg
電源 100-240V, 50/60Hz

関連製品

※ 掲載商品の仕様及び外観は、予告なく変更される場合がありますので、ご了承願います。

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせはこちらから