iPS細胞・ES細胞・幹細胞などへのエレクトロポレーションによる遺伝子導入

iPS細胞を始め様々な幹細胞にも、高価な専用試薬・バッファー不要で、簡単かつ非常に効率の良いトランスフェクションが可能です。

iPS細胞・ES細胞・幹細胞などへのエレクトロポレーションによる遺伝子導入

アプリケーション

iPS細胞・ES細胞・幹細胞への遺伝子導入例

ヒトiPS細胞

エレクトロポレーション後3日目

ヒトiPS細胞

エレクトロポレーション後2日目 (コロニーの部分に導入されている 。)

エレクトロポレーション後7日目 (継代後も、iPS細胞コロニーでGFPが発現している 。)

マウスES細胞

生存率:74%

導入効率:88%

マウスNeurospheres

生存率:90%

導入効率:75%

ヒトiPS細胞 胚葉体(接着状態)

 

 

iPS細胞の作製

疾患iPS細胞(LQT)の作製

B細胞へのエピソーマルベクターを用いた初期化因子の導入

疾患iPS細胞(LQT):EP後およそ1ヶ月のiPS細胞のコロニー。(対物 x5)

アルカリホスファターゼ染色。(左:対物 x4 右:対物 x10)

疾患(LQT)iPSコロニーの免疫染色。
未分化マーカー TRA1-60 (細胞表面抗原), OCT4 (核)の発現は非常に良好である。
青:DAPI(核) 緑(左):TRA1-60  緑(右):OCT4 赤:ファロイジン(重合型アクチン)

東京女子医科大学 国際分子細胞免疫研究センター 循環器小児科 中西敏雄研究室 ご提供

 

NEPA21トランスフェクションによるヒトiPS細胞のCRISPR活性評価

NEPA21 iPS細胞 プロトコル

  1. ヒトiPS細胞株におけるNEPA21スーパーエレクトロポレーター(ネッパジーン社)を用いたトランスフェクション条件の最適化。Poring Pulseの電圧とパルス幅を検討した。 EGFP発現プラスミドをトランスフェクションし、LSRFortessaセルアナライザー(BD社)を用いて陽性細胞の割合を解析した。
  2. トランスフェクション手順の概略
  3. Cas9発現ベクターpHL-EF1a-SphcCas9-iP-A(Addgene ID: 60599)とsgRNA発現ベクターpHL-H1-ccdB-mEF1a-RiH(Addgene ID: 60601)をiPS細胞にエレクトロポレーションした後、内在性ジストロフィン遺伝子の切断活性をT7EIアッセイで評価した。切断されたバンドの強度(◀赤矢印)をTapeStation(Agilent)で検出し、その値はゲルエレクトログラム画像の下に示す。
  4. Cと同じゲノムDNAサンプルを制限酵素XcmI(50-CCANNNNN^NNTGG-30)を用いたRFLPで分析した。切断されていないバンドの強度は、◀赤矢印に示す。gRNA5は、XcmI部位から遠く離れた場所で切断するため、RFLPアッセイでは切断活性は検出されなかった。

京都大学 iPS細胞研究所 臨床応用研究部門 李紅梅先生・堀田秋津先生 提供

 

iPS細胞・ES細胞・幹細胞への遺伝子導入結果一覧

細胞名をクリック頂きますと、細胞の写真がご覧頂けます。

細胞名 生存率

導入
効率

  細胞名 生存率

導入
効率

ヒトiPS細胞 (201B7) 86% 70%   ヒトiPS細胞 (201B7)  94% 80%
ヒトiPS細胞       ヒトiPS細胞    
ヒトiPS細胞 (201B7)       ヒトiPS細胞 (201B7)    
ヒトiPS細胞 69% 80%   ヒトiPS細胞   73%
ヒトES細胞(H9 p.51) 55% 55%   ヒトES細胞    
ヒト間葉系幹細胞(プライマリー) 78% 75%    ヒト間葉系幹細胞(hMSC) 70% 80%
ヒト神経幹細胞 97% 95%   ヒト神経幹細胞 80% 83%
ヒト乳歯歯髄幹細胞(SHED) 90% 92%   ヒト造血幹細胞を含む有核細胞
(精製前段階)
73% 90%
マウスiPS細胞 70% 50%   マウスES細胞 80% 75%
マウス ES細胞 80% 68%   マウス ES細胞  74% 88%
マウス ES細胞 (129系統 R1/E) 80% 90%    マウスES細胞 70% 100%
マウス ES細胞 80% 90%   マウスiPS細胞由来神経幹細胞   86%
マウス神経幹細胞 90% 80%   マウス神経幹細胞(プライマリー) 80% 60%
マウス神経幹細胞塊(Neurospheres) 90% 75%   マウス神経幹細胞塊(Neurospheres)    
TS マウス栄養膜幹細胞 59% 47%   C3H/10T1/2 マウス間葉系幹細胞 70% 85%
マウス間葉系幹細胞 99% 89%   マウス造血幹細胞(c-Kit陽性細胞) 66% 45%
ラットES様細胞 70% 76%    ラットWDA ES様細胞 60% 80%

文献

エレクトロポレーション

ドラッグデリバリー・遺伝子導入

電気式細胞融合

蛍光組織染色・in situ HCR

細胞分離

1細胞回収・マイクロダイセクション

細胞凍結

細胞・微生物培養(解析・計数・伸展・灌流)

In vivo 超音波イメージング

卵振動培養