A-picK™ 1 細胞・組織ピッキング装置

バキューム式 シングルセル回収・マイクロダイセクション

フルオートでの細胞・組織改修 A-picK™は、Neuro InDx社製品群の中で最新の1細胞・組織ピッキング装置で全自動装置になります。 接着した状態の細胞を、生存率に影響なく瞬時に回収することができ、様々なダウンストリーム実験に利用できます。加えて細胞接着強度の測定も可能です。 操作に熟練した技術は不要で、簡単で直観的な操作により、誰でも初めから上手く使いこなせます。 培養皿・プレート・スライドガラスは、普段使用しているものを利用できます。 消耗品は、ガラスキャピラリーユニットのみで、非常にエコノミーなシステムです。 全ての操作が自動化されており、専用ソフトウェアPIKCELLSTMにより最適化されています。 オリンパスの倒立顕微鏡(IX53、IX73、IX83)に対応しています(その他の倒立顕微鏡はご相談ください)。

A-picK™ 1 細胞・組織ピッキング装置

  • アプリケーション
  • 製品説明
  • 関連製品
  • ニュース

製品説明

特長

  • ガラスキャピラリーの自動キャリブレーション
  • 直感的にコントロールできるソフトウェア
  • フルオートによるスループットの向上
  • 細胞の接着強度を定量的に測定

A-picK™は、自動で細胞の回収と吐出、組織のマイクロダイセクション、および細胞接着強度測定アッセイを行うことができます。

回収モードには、シングル細胞回収モードと回収細胞プールモードの2種類があります。

吸引/吐出パルス時間、吸引力と吐出力の強さや速度、キャピラリー洗浄、吸引と吐出の力の簡便な計算、データ保存と呼び出しまで全てを自動で行えます。

画像解析、回収した細胞の確認、ガラスキャピラリーのキャリブレーション、複数のプリセットなど様々な設定は、標準プロトコールとして自動化されています。

本装置は、シングルセル解析研究に完全対応した装置となります。

既存手法との比較表

レーザー
マイクロダイセクション
(既存手法)
 バキューム
マイクロダイセクション
(A-picK)
 対象サンプル  前処理された組織切片・接着細胞  接着切片・生組織切片・凍結組織切片など
サンプルの前処理  煩雑  シンプル
サンプルへの影響  熱・照射・固定・メカニカル  メカニカル
切片の厚さ  20µm以下  5 ~ 500µm
細胞へのダメージ  高い  低い
操作  セミオート  マニュアルからオートまで
費用  高い  低い
操作取得期間  長い  短い
メンテナンス費用  高い  低い
RNA/DNA品質  低い可能性あり  高い

 

仕様

インターフェース デジタル
最大吸引力 70.0 kPa
最大圧力 34.5 kPa
吸引・吐出パルス時間 0.1~1.0 秒
対象サンプル 培養接着細胞と組織切片
解像度 10~20µm
生存率 最大99%
ガラスキャピラリー先端径 10~100µm 径
ガラスキャピラリー高さ調整 最小 1.5µm
サンプルホルダー 標準品、特注品
1回の回収量 最大48サンプル
回収モード 1細胞モード/プールモード
回収量 10nl~5.0μl
ピッキングスピード 最大25 個/分
対応顕微鏡 オリンパスIX73/IX83など ※お問い合わせください。
オートメーション化 PIKCELLS(ソフトウェア)による
新機能 接着強度測定

※ 掲載商品の仕様及び外観は、予告なく変更される場合がありますので、ご了承願います。

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせはこちらから