ソニトロンGTS

超音波遺伝子導入&FUS システム

  • 非侵襲的、低ダメージ
  • マイクロバブルとの併用で効果向上
  • プローブを取り換えて、プローブの種類を変更することが可能
  • 収束超音波(Focused Ultrasound:FUS)プローブも利用可能

ソニトロンGTS

アプリケーション

ドラッグデリバリー・遺伝子導入

超音波(ソノポレーション・FUS)

製品説明

特徴

ソニトロンGTSは、ソニトロン2000の後継機種で、超音波を利用して細胞・組織に遺伝子・薬剤を簡単に導入するソノポレーション装置です。非侵襲的で細胞ダメージが少ないのが特長で、将来の臨床応用が期待されています。

超音波造影剤などのマイクロバブルを遺伝子や薬剤と混合すると、導入効率を大幅に高めることができます。

プローブ(マッチング基板付)を交換することで、プローブの形状を変えることができ、In Vivo動物実験、In Vitro培養細胞実験などの用途に合わせたプローブサイズを選ぶことができます。

また、収束超音波(FUS)プローブを利用することで、超音波の照射面積を小さく限定させることが可能です。更に、超音波強度を上げることにより高密度焦点式超音波(high-intensity focused ultrasound: HIFU)の研究も可能です。

研究テーマ:

  • DNA/RNA/薬剤/ウイルス導入
  • 脳へのドラッグデリバリー:血液脳関門(BBB)の突破
  • 光増感剤との併用効果
  • 細胞増殖
  • その他

製品構成

ST-GTS:ソニトロンGTS ベースステーション (フットスイッチ付)

  • 超音波強度
    • 平面波プローブ使用時:0.1~5.0 W/cm2 or 0.01~0.50 W/cm2
    • FUSプローブ使用時:100~2000 W/cm2 or 10~200 W/cm2
  • デューティー設定:On: 1~9999ミリ秒、 Off: 0~9999ミリ秒
  • 周波数:プローブによる(平面波プローブ 1MHz、FUSプローブ 2MHz or 3.5 MHz)
  • 照射時間:1秒~20分

仕様

ST-GTS:ソニトロンGTSベースステーション

※超音波振動子モジュール(平面波・FUS)は含まれておりませんので、別途、使用目的に合わせてご購入下さい。

対応周波数 800k – 8MHz ※振動子による
超音波強度 平面波振動子:0.01-0.5W/cm2 or 0.1-5W/cm2
FUS振動子:10-200W/cm2 or 100-2000W/cm2
Duty Cycle On: 1~99, Off: 0~99, msec or sec
照射時間 0-20分
メモリー機能 18条件
電源 100V  50/60Hz
寸法・重量 310W x 230D x 140H mm  5kg

関連製品

※ 掲載商品の仕様及び外観は、予告なく変更される場合がありますので、ご了承願います。

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせはこちらから