藻類・原虫のアプリケーション例と測定実績

藻類・原虫のアプリケーション例と測定実績

藻類・原虫のアプリケーション例と測定実績

アプリケーション

アプリケーション例

ムレミカヅキモの測定

ムレミカヅキモ(Raphidocelis subcapitata)は良質な淡水に生息する藻類で、環境試験に使用されます。光によって成長と出芽を同期させ、CASYで出芽過程を非常に精密に追うことができます。

R. subcapitataの細胞サイズは6μmで、1つの母細胞は4つの娘細胞に出芽します。出芽が始まると、単細胞の娘細胞の数は増加していきます。出芽は4〜5時間継続し、単芽の数が増えていくと同時に6µmにある母細胞はほぼ完全に消滅します。

測定実績と測定時の基本的な設定

エレクトロポレーション

ドラッグデリバリー・遺伝子導入

電気式細胞融合

蛍光組織染色・in situ HCR

細胞分離

1細胞回収・マイクロダイセクション

細胞凍結

細胞・微生物培養(解析・計数・伸展・灌流)

In vivo 超音波イメージング

卵振動培養