培養細胞伸展ツール(手動)

自動伸展装置(STB-1400など)の導入前の検討実験向け

伸展/圧縮を手動で行います。

STB-1400と同じチャンバーが使えます。

チャンバーサイズと伸展方向の違いにより3種類のモデルがあります。

培養細胞伸展ツール(手動)

製品説明

モデルと仕様

モデル STB-100-04

手動伸展装置(トライアル用) STB-100

STB-100-10

STB-100-04XY

手動伸展装置(トライアル用) STB-100

チャンバーサイズ 4cm2 10cm2 4cm2
伸展方向 1軸 1軸 XY2軸

 

  • 最大20%、ダイヤルを1周回すごとに0.8mmの伸展ができます。
  • 4cm2チャンバーは横幅20mm、10cm2チャンバーは横幅32mmで、伸展率の計算式は以下の計算式で算出できます。伸展率(%)={伸展幅(mm) – 横幅(mm) / 横幅(mm) }× 100
  • シャーレの中に装置を入れて、蓋を閉めた状態でインキュベーターに収納して培養してください。

顕微鏡下での観察方法

通常とは反対向きにチャンバーをセットすると、撮影が可能です。

20倍で観察(C2C12をCalceinで染色)

40倍で観察(C2C12をCalceinで染色)

関連製品

※ 掲載商品の仕様及び外観は、予告なく変更される場合がありますので、ご了承願います。

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせはこちらから