幹細胞のアプリケーション例と測定実績

幹細胞の測定実績と、測定の際に使用したキャピラリーや基本的な設定です。

幹細胞のアプリケーション例と測定実績

アプリケーション

アプリケーション例

細胞サイズと体積に基づいたiPS細胞凝集体の正確な測定

CASYは、iPS細胞の取り扱いに革新をもたらします。他の細胞種と同様、特別なサンプル調製は必要ありません。これはiPS細胞において極めて重要な点であり、トリプシン、アキュターゼ、EDTA、あるいは他の方法を選択しても、凝集の程度に関係なく細胞測定できます。さらに、平均細胞サイズと平均細胞体積の情報を得られることにより、凝集の度合いを測定することが可能です。

細胞調製時の細胞へのダメージを回避することが出来ます。

トリプシン(オレンジ)、アキュターゼ(黄色)、EDTA(赤)で調製したヒトiPSCの測定結果重ね合わせグラフです。凝集の度合いが一目でわかります。細胞体積に基づいた凝集補正により、同じ測定条件で簡単にカウントできるため、正確に再現性の高い結果が得られます。

測定実績と測定時の基本的な設定

エレクトロポレーション

ドラッグデリバリー・遺伝子導入

電気式細胞融合

蛍光組織染色・in situ HCR

細胞分離

1細胞回収・マイクロダイセクション

細胞凍結

細胞・微生物培養(解析・計数・伸展・灌流)

In vivo 超音波イメージング

卵振動培養