株化細胞のアプリケーション例と測定実績

株化細胞のアプリケーション例と測定実績

株化細胞のアプリケーション例と測定実績

アプリケーション

アプリケーション例

角化細胞の正確な細胞数及び生存率の測定

本データはCASY TT(旧機種)のデモンストレーションで得られたものです。CASYの高い再現性、迅速かつ容易なサンプル調製、そして簡単な生死判定に関する能力を確認するために実施されました。
簡単な概要説明の後、DSM Nutritional Products, R&D Personal Care, Kaiseraugst, SwitzerlandのKerstin SchenkとEliane Wandelerにより実験が行われました。

 

細胞種:角化細胞

測定条件:150 µmキャピラリーを使用し400 µlを3回測定。X軸スケール:0~40 µm、希釈係数:102

測定結果のグラフはCASYworX(旧バージョンの解析ソフトウェア)にて作成した。

Fig. 1:角化細胞を6回にわたり測定した結果の重ね合わせ画像。 1細胞のピーク:16.59µm 1細胞の平均体積: 2.4 X 10^3 fl

Fig. 2: バイオマスの視覚化。細胞体積と細胞サイズのグラフにより細胞凝集体(オレンジ色のエリア)のバイオマスを表示。

測定を繰り返した際の標準偏差

サンプル 凝集指数 生細胞 cells/mL 全細胞合計 cells/mL 生存率 % ピーク径 µm
1回目 情報なし 477500 556000 85.88 16.68
2回目 情報なし 454200 525500 86.44 16.38
3回目 情報なし 478500 550300 86.94 16.52
4回目 情報なし 446800 519900 85.9 16.81
5回目 情報なし 460000 532300 86.4 16.63
6回目 情報なし 440400 513100 85.8 16.49
1~6回目 凝集指数 生細胞 cells/mL 全細胞合計 cells/mL 生存率 % ピーク径 µm
平均 情報なし 459567 532850 86.23 16.59
標準偏差 情報なし 14373 15559 0.41 0.1
標準偏差  % 情報なし 3.13 % 2.92 % 0.47 % 0.84 %

細胞凝集コントロールを加味した標準偏差

サンプル  凝集指数 生細胞 cells/mL  全細胞合計 cells/mL  生存率 %
1回目 1.273 607900 686400 88.6
2回目 1.266 575000 646300 86.4
3回目 1.315 629200 701100 89.7
4回目 1.335 596500 669600 89.1
5回目 1.314 604400 676700 89.3
6回目 1.269 558800 631600 88.5
1~6回目 1.30 生細胞 cells/mL 全細胞合計 cells/mL 生存率 %
平均 0.03 595300 668617 88.60
標準偏差 0.03 22864 23473 1.06
標準偏差 % 2.08 % 3.84 3.51  1.20 %

 

CASYの持つ高い再現性が下記の通り確認できました。

細胞数測定の標準偏差:3.9%以下

細胞生存率標準偏差:1.2%以下

生細胞平均サイズ標準偏差:0.84%以下

短時間で簡単なサンプル準備工程と測定が行われました。細胞屑・生細胞・死細胞を染色の必要なく簡便に区別し、図1のようにサイズ分布によりプロットし、統計処理しました。

図2のとおりバイオマスをグラフ化することにより凝集体の視覚化が容易にでき、統計的評価において正確な細胞数測定が可能となりました。

バキュロウイルス感染SF9細胞の細胞体積モニタリング

バキュロウイルス感染時、SF9細胞の細胞体積は大きく変化します。感染前(赤)の細胞の直径は約15µmですが、感染中(緑)の細胞サイズは19µm以上まで増大します。

CASYカウンター&アナライザーを使うことで体積の変化をモニタリングできるだけでなく、細胞が破裂する前に感染を止めることができるよう、プロセスを標準化することも可能です。

測定実績と測定時の基本的な設定

エレクトロポレーション

ドラッグデリバリー・遺伝子導入

電気式細胞融合

蛍光組織染色・in situ HCR

細胞分離

1細胞回収・マイクロダイセクション

細胞凍結

細胞・微生物培養(解析・計数・伸展・灌流)

In vivo 超音波イメージング

卵振動培養