バクテリアのアプリケーション例と測定実績

バクテリアのアプリケーション例と測定実績

バクテリアのアプリケーション例と測定実績

アプリケーション

アプリケーション例

バクテリアは急速に増殖し、細胞数は20分以内に2倍になることがよくあります。その数を数えるのは大変な作業で、通常、結果は正確ではありません。

一般的に使用されているプレーティング法は、結果が得られるまで長い時間を必要とし、精度も非常に限られています。問題の一つは、培養中の細胞が高濃度であるため、多くの場合において細菌数測定結果がサンプルの実態を反映していないことです。光学密度(OD)測定などの代替法では、濃度範囲の大まかな把握しかできません。

CASYであれば45秒以内にCASYは最大50,000個の細胞をカウントし、正確な細胞数を測定できます。

CASY バクテリア

E. coli(上)と枯草菌(下)の測定結果です。

 

測定実績と測定時の基本的な設定

エレクトロポレーション

ドラッグデリバリー・遺伝子導入

電気式細胞融合

蛍光組織染色・in situ HCR

細胞分離

1細胞回収・マイクロダイセクション

細胞凍結

細胞・微生物培養(解析・計数・伸展・灌流)

In vivo 超音波イメージング

卵振動培養