培養細胞伸展システム

メカニカルストレス負荷細胞培養

生体内の細胞は、常に様々な機械的刺激を受けています。細胞が、伸展・圧縮・ズリ応力・静水圧などの機械的刺激を受けると、メカノレセプターが刺激され、細胞内にそのシグナルが伝達されることにより細胞活動に影響を与えると考えられています。 しかし、通常の培養条件下(静的培養)では、このような刺激は存在しません。 培養細胞伸展システムは細胞に伸展・圧縮刺激を加えながら培養することで、生体内に近い環境を与えるため、静的培養とは異なる細胞の変化・応答が観察できます。接着性の種々の細胞に広く用いることができます。

培養細胞伸展システム

製品説明

システムの特徴

  • 均一な負荷:すべての細胞に均一な負荷、かつ伸展させる軸方向以外への二次的負荷が微弱
  • 高い再現性:本体は高精度・高トルクステッピングモーターにより超低速から高速まで安定した動きが可能。優れたシリコン膜チャンバーとの組み合わせにより、再現性の高いストレッチ刺激を負荷できます
  • 多様なストレッチパターン:伸展率8通り、伸展頻度8通りの組み合わせにより、計64通りのストレッチパターンが可能
  • ストレッチチャンバー:細胞の固定、蛍光イメージングなど様々な処理が可能な特殊シリコン膜チャンバー

培養細胞の伸展

細胞外マトリックスでコートしたチャンバーで、細胞を培養しながら伸展・圧縮を行います。

顕微鏡ステージ上に取り付けるタイプなら、負荷をかけながらリアルタイムに細胞の変化を観察できます。

実験フロー

  1. 細胞外マトリックスでコートしたチャンバーに細胞を播く
  2. 細胞が接着
  3. 伸展刺激開始(希望のストレッチパターンで)
  4. 細胞を観察(培養中に顕微鏡観察できます)
  5. 実験目的に応じて細胞を処理

伸展刺激により細胞骨格が再編成

モデルと仕様

モデル STB-1400-04 STB-1400-10 STB-150W STB-190-XY
アプリケーション
  • 遺伝子発現、タンパク質発現
  • 細胞骨格
  • 細胞形態
  • 複数チャンバーを培養可能
  • 長期伸展培養(数時間から数日)
  • 細胞骨格
  • 細胞形態
  • イオン動態(Ca2+influx)
  • NO産生リアルタイム細胞観察
インキュベーター内での使用 不可
顕微鏡への取り付け 不可
チャンバー数 8 6 1
チャンバーサイズ 4cm2 10cm2 1cm2 4cm2
伸展方向 1軸・片方向 1軸・両方向

左右同時

XY2軸可

片方向

STB-1400-04・STB-1400-10 自動伸展システム

本体(駆動部)

コントロール部

汎用性の高い標準システム

タンパク質発現・RNA解析・生化学的実験に

    • 細胞をCO2インキュベーター内で培養しながら、伸展刺激を負荷することができます。
    • 複数のチャンバーに同時に伸展・圧縮刺激を与えることができるので、サンプル間の比較が容易です。
    • 本体をCO2インキュベーター内に、コントローラーを外部に設置します。
    • ストレッチチャンバー装着部は脱着式なのでクリーンベンチに移し、無菌的作業を行うことができます。

【装置構成】

・伸展システム本体 ・コントロール部 ・接続ケーブル ・冷却水用タンク/冷却水用チューブ

 

【仕様】

■伸展刺激専用

    • STB-1400-04-R5:4㎠チャンバー最大8個搭載
    • STB-1400-10-R5:10㎠チャンバー最大6個搭載
    • ストレッチパターン:伸展率8パターン、伸展頻度8パターンの64通り

■伸展/圧縮刺激用

    • STB-1400-04-R1:4㎠チャンバー最大8個搭載
    • STB-1400-10-R1:10㎠チャンバー最大6個搭載
    • ストレッチパターン:伸展率4パターン、圧縮率4パターン、伸展頻度 8パターンの64通り

伸展刺激方向:一軸性

伸展率:最大20%

ストレッチチャンバー装着部は脱着式(シャーレでフタができます)

 

STB-150W 顕微鏡用左右同時伸展システム(微小領域観察用)

顕微鏡の視野内で伸展した細胞の観察

従来機では伸展刺激を負荷することにより、観察していた細胞が視野から外れることが懸案となっておりました。

STB – 1 5 0 Wはストレッチチャンバーを左右同時に伸展させることにより、視野内で細胞を伸展収縮した際の画像を容易に撮ることができます。

高倍率・蛍光・共焦点顕微鏡での観察が可能です。

 

    • 伸展装置本体を顕微鏡ステージ上に設置して使用することができます。
    • 共焦点顕微鏡を用いた観察に対応します。
    • 微小領域チャンバー(STB-CH-0.2)に対応しています。
    • 伸展刺激負荷を連続20分間処理できます。

※ モーター冷却装置がついていないため、長時間連続運転するとモーターが加熱してしまいます。長時間の連続刺激の場合はSTB-1400をご使用ください。

STB-190-XY 顕微鏡用伸展システム(XY2軸伸展用)

本体(駆動部)

コントロール部

X 軸・Y軸・X Y 軸への伸展が可能

一軸だけでなくX-Y方向の二軸での伸展刺激を加えながら、リアルタイムで細胞の形態変化やイオン動態の観察を行うことができます。伸展装置本体を顕微鏡ステージ上に設置し、コントローラーで自動伸展刺激を負荷します。

    • 伸展装置本体を顕微鏡ステージ上に設置して使用することができます。
    • X-Y用4ccチャンバー(STB-CH-0.4-XY)に対応しています。
    • 伸展刺激負荷を連続20分間処理できます。

※ モーター冷却装置がついていないため、長時間連続運転するとモーターが加熱してしまいます。長時間の連続刺激の場合はSTB-140をご使用ください。

関連製品

※ 掲載商品の仕様及び外観は、予告なく変更される場合がありますので、ご了承願います。

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせはこちらから